エストロゲン 効果

MENU

エストロゲンって何?エストロゲンの気になる効果って?

エストロゲンの効果

 

バストアップをする上でエストロゲンという言葉を聞いたことがある人はたくさんいると思います。

 

でも中にはエストロゲンって言われても良くわからないという人もいると思います。

 

今回はエストロゲンについて説明していきますね。

 

☆エストロゲンって何?

 

エストロゲンは女性ホルモンの1つです。
一般的には「卵胞ホルモン」と言われ、医療的にはステロイドホルモンと呼ばれます。
ちなみにもう1つはプロゲステロンといい、一般的には「黄体ホルモン」と呼ばれます。

 

エストロゲンは卵胞期と呼ばれる時期に増え、生理が開始してから排卵までの間に最も増えると言われています。

 

エストロゲンにはたくさんの働きがあります。

 

◎エストロゲンの働きって?

 

@ハリや艶を保つ
A自律神経を安定させる
B骨の健康を保つ
C健康的な体型管理

 

この4つの働きがあります。

 

ハリや艶を保つ

加齢とともに肌ののハリや艶が失われるのはエストロゲンが減っていることが原因です。
サプリメントから摂取して補うことができますが、摂取の仕方を間違えると体内で分解されて、アミノ酸として吸収されてしまいます。

 

自律神経を安定させる

自律神経が乱れるのもエストロゲンが減っていることが原因。エストロゲンの分泌が減少すると、脳への伝達が遅くなり、ストレスを抱えやすくなります。

 

骨の健康を保つ

エストロゲンが減ると、骨のカルシウム量が減少します。
女性で多い骨粗しょう症もエストロゲンが減っていることが原因だと言えるでしょう。

 

健康的な体型管理ができる

エストロゲンは基礎代謝にも関係しており、エストロゲンが減ると、基礎代謝が落ちて、肥満の原因となっていしまいます。

 

このようにエストロゲンは女性にとって無くてはならないものです。

 

また、エストロゲンが減少すると、妊娠や出産が難しくなってしまいます。
高齢出産が大変と言われているものもこれによります。

 

エストロゲンを減らさないために工夫していくことが女性の課題と言えるでしょう。